MENU

買ってはいけない洗顔製品とは?

 

 

 

 

ドラッグストアなど、洗顔製品を扱うお店に足を運ぶと、たくさんの種類の洗顔料が並んでいます。

 

 

どの製品にも魅力的な商品説明が書かれていますが、中にはお肌に悪影響を及ぼす、買ってはいけない洗顔製品もあります。

 

 

今日はどんな洗顔製品が買ってはいけないのかを一緒に学びましょう。

 

 

 

合成界面活性剤が配合されている

 

 

 

界面活性剤とは水と油のように本来は混ざらないものを馴染ませることのできる物質です。

 

 

そして界面活性剤には汚れを取り除く力もあります。しかし、この汚れを落とす力が強すぎる石油系の合成界面活性剤は肌の水分蒸発を防ぐ皮脂膜を壊し、その下にある角質層をも壊してしまいます。

 

 

その結果、肌を外部の刺激から守ってくれるバリア機能が崩壊されてしまうのです。

 

 

洗顔製品を選ぶ際は、合成界面活性剤ではなく、天然の洗浄成分を配合した製品を選ぶようにしましょう。

 

 

 

合成の保存料や防腐剤が入っている

 

 

 

洗顔料には製品の持ちをよくしたり、配合成分が変化しないように合成の保存料や防腐剤が使われているものがあります。

 

 

しかしこれらの成分は人間の肌に刺激を与え、肌の状態によってはかぶれなどを引き起こしてしまう可能性があります。

 

 

では防腐剤が入っていないからといって直ぐに腐ってしまうのでしょうか?そんなことはありません。

 

 

腐敗の元となる微生物を発生させないよう中の成分の値を調整することは可能です。

 

 

 

香料や着色料を使っている

 

 

 

洗顔製品の使い心地や見た目をよくする香料や着色料。確かにいい香りがする綺麗な色の洗顔料で顔を洗えばしあわせな気分になれますよね。

 

 

しかしこれらの化学物質も体調が悪く、体の免疫機能が低下している際や体質によってはかゆみやかぶれ発症の原因となってしまいます。

 

 

合成物質ではなく、天然の香料などで香りが楽しめる肌に優しい製品を使うことを心がけてください。

 

 

ではここまでの条件を踏まえて安心して使える製品とはどんな製品でしょうか?

 

 

 

◆ルアンルアンの生せっけんシリーズ。

 

 

 

ルアンルアンの製品は合成界面活性剤、鉱物油、パラベン(防腐剤)、合成着色剤、合成香料、シリコン、合成ポリマー、エタノールといった肌に負担をかける成分を一切使用していません。また、製品別のラベンダーやローズの香りも天然の精油の香りです。

 

 

体調がすぐれず、肌のバリア機能が低下しているときも。産後のお母さんや小さいお子様も。家族みんなが安心して使える洗顔製品ですね。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

お店で洗顔を選ぶとき、ついついCMでよく目にするものや、価格が安いものを手に取ってしまいますよね。

 

 

でも毎日直接肌につけて使う洗顔製品がお肌に大きなダメージを与えているとしたら?ゾッとしますよね。

 

 

成分もしっかりと確認してお肌がゆらいでいるときでも安心して使える製品を選んでくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

>540円の生せっけんキャンペーンサイト<

(終わってたらゴメンナサイ)

 

 

 

 

 

管理人ふわ子の生せっけんレビュー【知恵袋には絶対ない】はこちら

 

 

メニュー

このページの先頭へ