MENU

洗顔製品でおすすめできる条件とは?

 

 

 

 

口コミサイトなどを見ても星の数ほどの洗顔製品が存在します。

 

 

そんな中からどれを選べばいいの?肌に良い洗顔料ってどんなもの?と悩んでいる方も多いはず。

 

 

今回は洗顔選びにとって大切な条件をお教えします。

 

 

 

天然の成分を配合している

 

 

 

洗顔料の大きな役目は肌の汚れを落とすこと。

 

 

そのために洗顔料には洗浄成分が含まれています。その種類は大きく二つ。合成界面活性剤と天然の洗浄成分です。

 

 

合成界面活性剤は石油を原料とした洗浄成分で、泡立ちが良く、使い心地が良いことで知られていますが、非常に洗浄力が強く、お肌の状態によってはかぶれやかゆみを引きおこしてしまうだけでなく、うるおいを奪って乾燥を促してしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、パラベンなどの防腐剤や、直接肌に関係ない合成香料などの添加物が配合されている商品も、肌に負担をかけてしまうので避けた方がよいでしょう。

 

 

一方、天然の原料から生成されたクレイや植物性の洗浄成分は、肌にやさしく敏感肌の方も安心して使えることが特徴です。お肌にトラブルがある方も、そうでない方も肌への負担は最小限に抑えられるに越したことはないですよね。

 

 

 

泡立ち・泡切れが良い

 

 

 

洗顔の際、重要になるのは泡立てと泡切れです。

 

 

きめ細やかな上質な泡で毛穴の奥まで丁寧に洗浄することで、肌を擦らず汚れを浮かして落とすことができます。

 

 

そしてその泡をすすぐ際、時間をかけて過ぎてしまうと顔の表面を守るセラミドなどのうるおい成分まで流れてしまい、つっぱりや乾燥の原因となってしまいます。
 
 
 

 

 
 

 

 

つまり洗顔料を選ぶ際は泡立ちが良く、泡切れが良いものを選ぶことが重要なのです。

 

 

 

保湿成分を配合している

 

 

 

どんな肌質の方にも乾燥は大敵です。
 
 
 
皮脂の多い脂性肌の方でも保湿を怠ることで肌が乾燥してしまうと皮脂が過剰に分泌され、悪循環となります。
 
 
 
洗顔料にもきちんと保湿成分が含まれていれば、汚れを落とすだけでなく肌に潤いを与えることができますね。

 

 

 

おすすめしたい洗顔料

 

 

 

これまでの条件を踏まえておすすめしたい洗顔料をご紹介します。

 

 

 

・ルアンルアンの生せっけんシリーズ

 

 

 

 

 

 

天然のクレイ成分を贅沢に二種類も含んだこのシリーズにはタイのハーブ学から着想を得た17種類ものハーブが含まれています。

 

 

もちろん合成界面活性剤も含まれておらず、無添加の美容保湿石鹸です。
 
 
 
 

 

 
 

 

 

クレイ石鹸として毛穴の奥まで汚れを吸着してくれるだけでなく、美容液成分を製品の半分以上配合することでクレイ特有の刺激が抑えられています。
 
 
 
洗顔後は化粧水をつけることも忘れてしまうほどの保湿力です。
 
 
 
 

 

 

 

 

そして特徴は珍しいスティックタイプであること。旅先でも家と同じお手入れをすることができますね。
 
 
 
 

 

 
 
 
 

>生せっけん540円キャンペーンサイト<

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

紹介した製品以外にも条件を満たす洗顔料はたくさんあります。

 

 

口コミサイトや実際にドラッグストアに足を運んでいただき、自分に合う洗顔料を見つけてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

管理人ふわ子の生せっけんレビュー【知恵袋には絶対ない】はこちら

 

メニュー

このページの先頭へ